錺の「彫り」「透かし」の技術により、
桜が現れ、盛り、花弁が散りゆく
情景をグラデーションで表わしながら
軽やかなシルエットをまとった
インテリア小物やアクセサリー。

“花が降るとき、光が咲く照明”

銅の円筒が徐々に桜に変化し、花が降ることで光がこぼれ、やがて拡がっていく。

国内外問わず日本らしさとして認識される、桜。

その花弁はシンプルにモジュール化することで視覚的にまとまり、有機的でありながらもミニマルな空間にもなじむ。

うっすらと感じられる銅の桃色が桜とリンクし、金属製でありながらも柔らかくあたたかい印象を与える。

散りそめる刹那を惜しみ、ゆっくりと楽しみたいという心情から「花降り」ではなく、1音のばし「花降ぅり」と名付けた。

和悠庵 -wayuan-

その他ブランド一覧